高知県リハビリテーション研究会の概要

1 設立経緯

一病院内で始まった勉強会の取り組みが病院外へ、そして県下的な取り組みへと広がり、平成元年に任意団体として設立し、平成5年からは会員組織に移行しました。

(1)目的

高知県下のリハビリテーションの充実、発展を目指し、地域の保健・医療・福祉の向上に寄与する。

(2)事業

  • ①高知県のリハビリテーションの普及、啓発活動に関する事業
  • ②地域のリハビリテーションのシステムに関する研究事業
  • ③ホームページによる情報発信
  • ④その他、本会の目的のために必要な事業

(3)年表

平成 元年 世話人会が発足
12月に第1回高知県リハビリテーション研究大会を開催
平成 5年 会員組織に移行
研究委員会活動を開始(在宅支援システム検討委員会・施設内ケア検討委員会・身障住宅等検討委員会)
平成 7年 リハ研大会を年2回開催
平成12年 全国大会(第23回総合リハビリテーション研究大会)の開催
平成14年 高知県地域リハビリテーション支援センターの指定(平成18年まで)
平成16年 高知県介護支援専門員現任研修(施設研修)の受託(平成17年まで)
平成20年 高知県地域ケア体制整備推進シンポジウム開催事業の受託・開催

2 会員数

約280名(平成26年1月)

3 近年の取り組み

(1)高知県リハビリテーション研究大会

高知県リハビリテーション研究会(以下「リハ研」)が、リハビリテーション等に関する研修と研究を目的に年に2回開催している大会で、研究・実践活動発表を主な内容とする「春の大会」と、そのときどきのテーマに即した講演等を主な内容とする「冬の大会」とに位置づけ、毎回、県内の保健・医療・福祉関係者等が業種や職種を越えて会する大会となっています。

最近では、従来からの医学的なリハビリテーションだけでなく、地域リハビリテーションの観点から、また利用者・対象者の生活すべてを支える取り組み、地域社会とのつながり、多様な業種・職種の連携など、様々なテーマに取り組んでいます。

(2)調査・研究活動の実施

①施設内ケア検討委員会

毎年テーマを定め、年間を通じた研修会を実施している。会の活動趣旨は、県内の施設ケアの質の向上のため、職員の意見や体験・経験など自由に意見交換を行なうこと、また、施設内のケアに関する様々な課題や問題を参加者全員で検討し、よりよいケアのあり方について学習をする場を提供することである。

②食を考える委員会

高齢者や障害者は、咀嚼・嚥下機能障害、認知症や精神機能低下、感覚機能低下など様々な要因から食べることに問題を抱えることが多く、個々の状況に応じた全人的立場からの支援が必要となる。〝食〟をとおしてQOLの維持・向上を目指し、多職種が専門的視点から生きる力と喜びにつながる食について考える。

③住環境を考える委員会

高齢者や障害をもつ人が住みなれた地域で安心して生活できるよう、疾患や障害等に応じた住環境整備(住宅改修)について研究および学習会等を開催する。

④通所介護・リハの質向上を目的とした検討委員会

高知県通所サービス事業所連絡協議会と連携し、通所系サービスの質向上について検討する。

⑤ホームページ委員会

事業の予定・実施報告のほか、リハビリテーション全般に関しての情報提供を行う。

↑ページ先頭へ